神奈川県高座郡寒川町で無垢の木にこだわった家づくりをしています。

その時代を感じる現場に出会う!ちょっと考古学者的な感じ(笑)

こんにちは。
神奈川県高座郡寒川町小動の田中大工店です。

現場をさせていただいていると、解体などの際、びっくりする物が出てくる事があります!
今回はブロックの中からでしたが💡
塀として使用されている皆さんもご存知の💡そう💡あのブロックです💡

なんとそのブロックの中から

IMG_1742.jpg

穴に埋め込まれていた新聞紙が出てきました!

そのブロックの穴から出てきたのは・・・
1979年7月29日の新聞紙❗❗❗

風化も劣化もしておらず・・色が変色していただけで、文字もはっきりとわかります!
そんな時、この何十年もこの状態を保ち、そこに存在していた歴史を感じるとともに、その施行された方が詰めた姿を想像しながら、その時代の内容をみてしまいます😃

内容が・・すごい!
でも宣伝で掲載されている中には、現在でももちろん残っている品の宣伝も!

新聞紙は万能!!!!!!!!!ですね♫

様々な所で使われていて、すごい!
時代もきちんと記載されている!
新聞紙に感動しました😁

古い建造物をさせていただくと、昔の方の墨付けや、文字、様々な伝統を学びます!
私の大工のまた違った分野ですが、勉強になりますし面白いな!と家をさせていただいている時の楽しさでもあります♫
またそこから話が広がって、昔を知ることができます。

職人の手仕事はどんな形でもしっかりと残るんですね♫
私がさせていただいたお仕事が、いつか自分の知らない時代にみていただけ、その職人さんがじっくり見てくれる!
そんな仕事であり続けたいです!

この記事へのコメント