神奈川県高座郡寒川町で無垢の木にこだわった家づくりをしています。

国産材

こんにちは。
田中大工店です。

今朝、3月で辞められる材木店の方が材木を届けにきていただき、その木の良さを改めて実感しました。
紀州杉ですが本当に素晴らしい!!!
触っているだけで鉋をひくのが楽しみになるくらいです。

国産材ですが、日本の国土の70%を占めるのが森林です。

しかし外材を輸入し使用しているのです。自給率は3割きっているそうです。

国産材は流通量が少ないため、外材のほうが目にする事のほうが多いかもしれません。

そこにいたるまでには沢山の理由があり現状にいたるのですが。。。

外材は育ちが良すぎる物が多いため、年輪が大きく、乾燥による変形が大きくなってしまいます。
気候風土にあった材木を使用しなければ、日本の湿度に耐えられなく腐りやすく、シロアリなどにも弱くなります。

国産材にも様々ですが、強度、加工性、耐水性、調湿性、不朽性など優れたものが多く、歴史的建造物に使用され、丈夫な事は実証されていると思います。

国産材を活かす(建材として利用する)のは、災害から身を守る事にもなります。
日本の森林の約4割を占める人工材は、植林後放置すると木が密集してしまい、木の枝が伸び放題になり地面まで陽が射さなくなり、丈夫な木が育ちにくい環境になってしまいます。
根が細いと降雨時に水をためておくことができなくなり、倒木、土砂崩れ、洪水など引き起こす要因になりかねないそうです。

野菜や花も間引きするように、木も間伐してあげないといけないのです。
その間伐材を利用した紙製品や、割りばしなどぜひ活用していただきたいと思います。

日本の気候風土に合ったものをぜひ活用していただき、材木店、大工、林業、様々な仕事の方々を循環して守っていただきたい・・・願うばかりです。

スカイツリーに五重塔の伝統構法が応用されたように、日本の木もぜひ見直していただき、活用していただきたい。

それもエコの一つだと思います。

歴史的建造物も、古民家も、古い建物の木は本当に強く、力を感じ、時間と共に強くなった・・・そんな力強さがあります。

大工としてできる事は、国産材を価格を抜きにして(抜いたら仕事がなくなるのも・・・困りますが( ;∀;))ぜひ活用していただきたい。
肌ざわりを感じ、気候風土にあった毎日住む家に!!取り入れていただきたいと思います。

なくなって気付く前に。できる事をコツコツ。

と少し未練がましく(笑)材木店さん!!辞めてほしくないーーーーーーーーーーと叫んでしまいました。

3月末までぎりぎりまで叫んでみたいと思います(笑)
材木店の方が・・・すごくとても寂しそうに、しかしその木をとても誇らしく渡してくださった・・・大切に・・・とても大切に・・・
その気持ちが、大工としてまだまだひきずりそうです( ;∀;)

この記事へのコメント