久しぶりの投稿に反省しております。(-_-;)

こんにちは。
田中大工店です。

久しぶりの投稿に反省しつつ、日々仕事をさせていただける事に幸せを感じております。

今築30年以上経過された家の方がお話しをされていたことですが。

当時バブルがはじけた後に購入されたそうで、柱や屋根などは指定して建築されたそうですが、壁や床は特に指定をされず建てられたそうです。
その方がおっしゃっていましたが、しっかりと気候風土にあった材料で作ってくれる職人さんが最近少ない。

知り合いに大工さんがいらっしゃるそうですが、建売の住宅をされる方がほとんどで、床を張りなおしたいが、無垢でやってほしい話をすると、できないし、どの木材を選び、どこに使用したらいいかわからないといわれたそうです。

自宅の床が浮いてきたり、壁紙が剥がれてきたりしてからよその御宅をみるようになったそうで、農家の方の家を見ると素晴らしいんだよ!家に上がらせてもらってみることもあるんだけど、水場などいろいろ考えて木材が使われていて!と感動したそうです。
歳をとるといいものはわかる。自分もその当時現在のように年数経過するとなるとしっていたらもっと愛着のもてる床や味のでてくる床にしたかったと。
若い頃は新しい家を購入することがうれしい気持ちで新しい間はとても良いが、やはり年数たつと、剥がれてきたり・・・と嘆かれていました。今は掃除をどれだけしても綺麗に見えないから掃除も適当(笑)と笑っていらっしゃいましたが少し寂しそうにも見えました。
無垢にこだわりたい!ここだけは今回まげない!とおっしゃっていました。


木の家ネットに入会して活動させていただいておりますが、活動されている方の仕事内容をブログなどで拝見させていただくと、本当に素敵な仕事をされておられ、職人として木の家ネットでの活動を誇りにも思えています。(自身のブログの更新はできていませんが(-_-;))
写真一つでもそうですが、愛情、風情、信念、本当に自分もそのようにと思いますが、、スマホ苦手でガラケーなのでそこも勉強しなければと思っています。

その方の家を今後どうされるか、気候風土、年齢やこれからの生活を考え、寄り添い、一緒にまた温かい家にできたらと思いました。
嬉しいのは木の家にしたかった!とおっしゃっていた言葉。。。すごく嬉しく、なれないブログですが久しぶり更新できました!!


その方は何度も、昔の農家さんの家や、昔の家、建て方はすごいんだよね~。昔ながらの家、建て方、今家を建てるならそうやって建てただろうな~と。若い頃はとにかく新しい家だけでうれしいもんだからね。
とても深い言葉に考えさせられました。

この記事へのコメント